FC2ブログ

オレイズム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ふむぅ…。シングルシリンダーから流れる心地良いビート。
 それにスタイリッシュなそのフォルムは貴婦人のようだ…。」

「まさに王者の乗り物だね! 父さん!」

こんばんわ。セローです。
ブヒャヒャヒャヒャ! セロー直ったー! ブヒャラヒャラ!

やっべー!マジヤッベー!
あんまりこんな事言いたくないけど、
正直このかっこよさはシャレになってないと思う。
まあセローつったら結構その辺走ってるけど、
何て言うのかな? 
僕のセローとはレベルっていうか、階級が違うよね。
たぶん僕のは空とか飛べるしね。
試した事ないし知らないけど。
たぶん飛べるんじゃないかな。
スイッチ押したらバズーカとか発射出来るし。まあ知らないけど。
出ればいいんじゃない?
勝手にしてくれよもう。

まあそんな事はどうでも良くて、
これでとうとう僕も翼を手に入れたわけです。
しがらみから解き放たれた自由な翼。
この広い大地をかけめぐる、大きな翼を…



? 翼を下さい ?

この大空に翼を広げ 飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで

飛んでイスタンブール 泳いでカナダ

すいまへん。 翼を一枚くれまっか。

へい、150円になりまんねん。



まあそんな事はどうでもいいんだけど、
皆さんは僕に土下座でもした方がいいと思う。
僕がこのセローを手に入れたからには世界とか征服するし。
セローさえあれば米軍が総がかりで攻めてきたところで軽く全滅出来るしね。
じゃ、軽くシミュレートしてみようか。

ブォーン(ステルス爆撃機の音)
毛唐「敵発見!敵発見! 直ちに迎撃せよ!!」
毛唐「ラジャーー!」
シュパッ!(ステルスがサイドワインダーミサイルを発射!)
神「愚か者め!神に逆らう気か!」
僕は愛車にまたがり、アクセルを吹かした!
ブオン! セローが空中に舞う!
シャキィーーーン!(宙に舞いながら日本刀でミサイルを切断)
神「ウオオオオオオオオオオオ!!」
ザシュッ!(真っ二つになるステルス爆撃機)
ドッカァーーーン!!
毛唐「ク、クレイジーだ! こうなったらもう核を使うしか無い!」
ブッシュ「許可する!」
神「フッ。もう終わりか?」
シュルシュルシュル・・(飛来する戦略核兵器)
神「ん?」
ドッカァーーーン!(僕の頭に原爆が直撃!)
毛唐「やりました! 命中! 敵はこっぱみじんになりました!」
ブッシュ「ワーハハハ! 我々に逆らうからこうなるのだ! メジャーリーグ級の馬鹿だぜ!」
モクモクモク・・・(もうもうと立ち込める煙)
モクモクモク・・・(その中に人影が!)
神「派手にやってくれるじゃねーか!」
毛唐「ゲヒー!」
ブッシュ「アジャパー!」
神「死にやがれ!」
僕はセローをぶん投げた!
ドッカーン! 命中! アメリカ大陸は消えて無くなった!

みたいなね。そういうノリだから。
マジで怖いもんなんて無い。
無敵状態。
ノリノリでドライブ。

「オラァー! どけどけー! セロー様のお通りだーーーっ!」

でも黒塗りフルスモークのベンツには弱かったりする。
2003/09/29(月) 02:03:20 日記 トラックバック:0 コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。