FC2ブログ

オレイズム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)


ドヒャー!晩メシがパン粉!(挨拶)

そんなこんなで始まったオレイズムなんですが、
「金玉の小さい男だな。」
この意味がわからない。

僕が昔貸したギザジュウを、

「今すぐ耳そろえて返せ!このドロボウネコ!返せ!十円どろぼう!」

つったら言われた。
おそらく「この木村拓哉め!」とかそういう意味だと思うんだけど、
言ったヤツの顔がラッキョウにくりそつだったので、
カレー屋の隣で撲殺して差し上げました。

んでもって鏡でチェックしたんだけども、
大きすぎる事もなく、
かといって小さすぎるわけでもなく、
実に理想的なキンタマと言える。

ああ・・・実に愛らしい・・・。
試しに手に持ってみよう。

フニャリ・・。

この手触りはどうだ。
人肌程度にあたたかく(あたりまえだ)、
まるで赤子の頬のような柔らかさ。
言い切ってもいい。
僕のキンタマは億単位で売れる。

ついで色を見てみよう。

黒い・・・。

例えるなら地中海の黒真珠。
黒く、鈍く光る肌が食欲をそそる。
試しにコショウをかけると、
これはもう極上のサーロインステーキだと言える。

あ、危ない!

あやうくナイフを突き刺しそうになった。

僕を殺す気かこのキンタマめ!!ふざけんな!!
金玉なんか刺したらショック死するだろうが!
わかってんのかこの金玉野郎!!!!

そういって僕は金属バットで思う存分金玉を殴った。
血にまみれ、
半泣きになりながらも、
精いっぱいバットを振るった。
そしてその先にはうっすらと輝く、黄泉の国が見えた・・・・。

お、おばあちゃーーん!



花王電波劇場?僕が死んだ理由?

                完 2002/03/22(金) 00:46:41 日記 トラックバック:0 コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoppymodel.blog66.fc2.com/tb.php/178-2df35dbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。