FC2ブログ

オレイズム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

田村(仮名)について。

親父についての日記を書いて以来、昔話を書くのが僕の中で流行中なので今日も書いてみようと思う。
高校の頃の話。


????


僕が高校の頃、つったら「オーシ!ナツニムケテキアイイレテクゾー!」なんて熱血部活野郎でも、
「アー!?オマエドコチュウダコラー!」なんつーヤンキーでも無く、
学校では特進科っていうかなんて言うか、
お前ら連立方程式でヌいてんじゃないの?ってくらいメガネ率の高いクラスに居てすこぶる平凡な人間でありましたが、
当時、鉄拳というアーケードゲームが大好きな僕が通ってたゲーセンには青とか赤とか黄色とか、
非常にファンタスティックな髪の色をしたヤンキーと呼ばれる方々がいらっしゃってまして。


で、僕を含む仲良しグループが何故かそのヤンキー集団に「面白いやんお前ら!」みたいなノリで気に入られ、
気に入られたあげく「面白い奴ら紹介してやっからお前らも来いよ!」なんつってヤンキーが援軍を要請。
そしてヤンキー特有の「友達の友達、つったらもうマブダチじゃねえか!なあ!」なんつー迷惑極まりない思考回路のせいで、
あれよあれよという間にヤンキーの顔見知りが増殖。

平凡に生きていた高校生が、

「おい!平野さんや!挨拶しろ!」

などとヤンキーに促され、

「平野さん!チワッス!」

と、直立不動の体勢でパンチパーマ姿にセカンドバッグを抱えた、
純度100パーセントのヤクザに挨拶する姿はかなりシュールだった。
知らない内にDQNの仲間入りである。


そのヤンキー連中はちょっとここには書けないような悪事を働いていたようだが分別をわきまえてる、
と言うのかなんと言うのか、妙に僕らに一目置いている、ような所があって、
使いっぱしりにされる事も無く直接的な被害は何一つ受けなかったので、
僕らは特に気に留める事もなくそのゲーセンに入り浸った。


ある日、僕は学校帰りに「鉄拳勝負しようぜ!」とクラスの友達を誘った。
向かったのはいつもゲーセン。

「おう!ヨッピーやんけ!」

出迎えたのは赤、青、黄色の頭をしたヤンキーの面々。
「今すぐ帰りたい」
振り返った僕を見る友達の目がそう訴えていた。

連中の事を計算に入れなかった事を酷く悔やんだが後悔先に立たず。
案の定友達は「お前どこ中なん?」「どこ住んでんの?」などとがっつりヤンキーに絡まれている。
そうこうしている内にけたたましい音を立てる原付にまたがった別の顔見知りのヤンキーが向こうからやってきて、
その姿を見ると血まみれ。
何があったのか、とざわめく一同。


「おい!どうしてん!?大丈夫か!?」

「おう。返り血やから大丈夫。」


5分後、急用を思い出した友達が家に帰った。



と、ここまでは余談(長いな)。
この時に知り合ったヤンキーの田村(仮名)について書こうと思う。
田村は僕らと同い年の上、突き抜けた馬鹿っぷりで僕らを笑いの渦に叩き込むスキルを持っていたので、
そのゲーセン以外でもちょくちょく遊ぶようになる。


田村のエピソードを紹介しよう。



○田村と道を歩いて居ると、田村からチリンチリンと甲高い音が聞こえてくるため、うるさく思った友人が「何の音だ。」と田村を問い詰めると、「ん?ストラップ。」と携帯についた風鈴を得意気に見せた。

○待ち合わせ場所に現れた田村の足元を見ると、白いキャンパス地に何やら文字が書き込まれたデッキシューズを履いており、良く見ると黒いマジックペンで「ラルクアンシエル」「シャズナ」「ラクリマクリスティー」等のバンド名が手書きでビッシリと書かれていた。何故そんな事をしたのか、との友人の質問に対し「好きだから書いた」と答える。

○「カフェほのか」という名前のカフェを発見した田村。その「ほのか」という名前を気に入り、店の前にあった看板を持ち上げ、「カフェほのかじゃー!」と絶叫しながら黒人に投げつける。僕らは逃げた。

○履いていた「LIVISO(リーバイソ)」というパチもんのジーパンが、「実はビンテージ物で、古着屋に持ち込めば10万円以上で売れる」という友人の言葉に騙され、ジーパンを古着屋に持ち込み「いや、これはちょっと…。」と引き取りを断られる。

○自分の彼女とのデートの待ち合わせ場所に金属バットを持って現れたらしい。理由は「そこらへんのイケメンを殴るため」

○コンビニの前でカップルとケンカになり、コンクリートブロックで彼氏の頭を殴打、逮捕される。


以上の事から類推して頂ければおわかりの通り、
田村はまさしく本物のバカであり、究極の天然である。
更にどこからどう見てもヤンキーの風体、血の気も荒いと来ているので、
田村と一緒に居ると8割方何らかのトラブルに巻き込まれる。


大阪にはアメリカ村、と呼ばれる東京で言うところの渋谷センター街に該当する地域があって、
僕らはそのアメリカ村にしょっちゅう遊びに行っていた。
特に夜のアメリカ村は独特の雰囲気があって好きだった。


しかしながら高校生の身分でお金も無かった当時、
アメリカ村へ行っても特にする事も無く、
ブラブラ歩いている内に「暇だ」という結論に達し、
そして「暇だから田村を召喚しよう」という流れになるのはいつもの事だ。


田村に電話をかけ、彼の到着を待つ。
ベンチに座ってダラダラ話しながら30分ほどすると「おーい!」という声がして、
その方向へ目をやると向こうの方から屋根の上に人を乗せたワンボックスカーが走って来て、
赤色の髪のヤンキーが屋根の上で元気に手を振りながら走り去っていった。
田村の登場である。
僕らは田村に「何故車の屋根の上に乗って来たのか」などとは言わない。
田村の行動の一つ一つに理由を求めていたらキリがないのだ。
「田村だから」その一言で僕らの誰もが納得するのである。


先に断っておくが、基本的に田村は良いヤツである。
人なつっこくて優しくて素直ですこぶる真面目な性格の男だ。
何せテスト前2週間ともなると田村は僕らの前にぴたりと顔を出さなくなる。
家で必死の猛勉強するらしく、テストが終わると、
「今回はデキが良かった。」などと言いながら30点の答案を誇らしげに見せて来るのである。


田村の起こすトラブルの数々も、田村に悪意があって起こしているわけではなく彼の天然ぶりに起因する事がほとんどだ。
一番多いパターンを示しておこう。


田村が道行くヤンキーを発見。
   ↓
「友達になろうと思って」お前どこ中なん?などと話しかける。
   ↓
話しかけられたヤンキーは「ケンカを売られたと思って」ああ?お前誰やねんコラ、とケンカ腰に
   ↓
殴り合いになる


このパターンが一番多い。
そして大抵の場合田村がボコボコにされて帰って来るのである。
僕らの中で、田村の不可解な行動はパンチドランカーに起因するものだと結論づけられていた。


しかしながら僕が大学に入ってから少し経った頃に日ごろの素行がたたって田村は逮捕されてしまう。
何年かの実刑判決が出たらしく、田村と顔を合わせる機会が無くなってしまった。

そんなある日、近所の公園で友達と話していると、
田村と一番仲の良かった鈴木の携帯が鳴った。
「もしもし!?俺!何してんの!?」
電話の相手は田村だった。


鈴木「え、お前刑務所ちゃうの!?」

田村「出てきた!」

鈴木「出てきた!?それって脱走してきたってこと??」

田村「いや、出てきた!」

鈴木「出所したってこと??」

田村「ううん、出てきた!!」


この鈴木と田村の電話は要領を得ず平行線のままで、
「ちょっと切るわ!」の言葉と共に田村に電話を切られてしまった。
結局そのまま田村と会う機会も無く7年近くの月日が経つのだが、
あの日の田村が「脱走」したのか「出所」したのかはいまだ謎のままである。
この件についても僕らは「田村だから」で納得するしか無いのかもしれない。

ランキング




2008/01/22(火) 10:49:09 日記 トラックバック:0 コメント:6
<<オモコロ特集 | ホーム | 人間やめました。>>

コメント

後のパンティー田村である
  1. 2008/01/22(火) 11:35:15 |
  2. URL |
  3. " 0 " 0 " 0 0 #-
  4. [ 編集]

「お前どこ中だ?」ってリアルに使ってる人っているんだ(笑)
  1. 2008/01/22(火) 18:05:22 |
  2. URL |
  3. 紅葉まんじる #-
  4. [ 編集]

大阪すげーな。
  1. 2008/01/23(水) 05:39:25 |
  2. URL |
  3. (・∀・) #-
  4. [ 編集]

よっぴー、想像の斜め上を行く過激な青春してたんだな。
  1. 2008/01/23(水) 07:59:51 |
  2. URL |
  3. " 0 " 0 " 0 0 #-
  4. [ 編集]

すげえ!タムさんすげえ!

あ、じぶんも逮捕友人いるよ。消息不明。いい奴だとは思うのだけど。
  1. 2008/01/23(水) 22:50:29 |
  2. URL |
  3. かげ #iNZQFUrU
  4. [ 編集]

めちゃくちゃ笑ったけど、ちょっとだけ感動した。
  1. 2008/01/25(金) 20:31:15 |
  2. URL |
  3. 今年も一人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoppymodel.blog66.fc2.com/tb.php/531-da4b1194
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。